世界市場への繋がり

ゲアン省はベトナムにおける統合型の物流・と交通網における最適な地理にあります。 

ビン国際空港

ビン国際空港はベトナム空港株式会社(ACV)により管理されています。新たに拡張された空港は年間300万人の乗降客に対応可能です。空港内には28ヶ所のチェックインカウンターと4ヶ所の搭乗ゲートがあります。2014年にはビン国際空港は年間200万人の乗客を受け入れ、2万9千トンの貨物品を取り扱い、国内線としてはホーチミン市、ハノイ、ダラット、ニャチャン、プレイク、バンメトート等の各都市へ、又一部チャーターフライトにて国際線も就航しています。同空港からWHAインダストリアルゾーン1まではアジアハイウェイ1号線(AH1)経由で約18Kmの距離です。

 
 

道路環境

アジアハイウェイ1号線(AH1)にてハノイを始めとする南部の各都市と繋がり、更に国道15号線及びホーチミン高速道路は南北をつなぐ主要幹線道路です。その他国道7、46、48号線はラオス方面に向けて西側の都市へと繋がり、ラオス国境には4ヶ所の国境ゲートがあります。
現在でも物流容量を改善すべく、道路の改善工事が行われています。トランスアジア道はラオスからタントゥイ国際国境関門を経由し、クアロー港及びドンホイ港まで繋がっています。ハノイからゲアンまでは297Kmの距離で、車で約5時間30分ほどかかります。現在新しい高速道路が建設中で、ビン市からWHA工業地域1–ゲアンを通り、ハノイ市内・ハイフォン港まで開通する予定です(2020年完了予定)。

ビン鉄道駅

ビン鉄道駅は7つの主要経路からなる鉄道網を持ち、35の省を結んでいるベトナム鉄道会社(VNR) により経営されています。ビン鉄道駅は現在国内で3番目に大きな乗客及び貨物駅であり、南北鉄道路線において最も主要な駅の一つです。

また乗降客数・扱い貨物の観点からも第一級の鉄道駅で、1日4便の列車がハノイに向け運行しており、所要時間は約6時間です。車両も一般座席から寝台車両まで4種類の座席等級があります。

現在ハノイからホーチミンを繋ぐ高速列車の計画があり、主要停車駅の一つはWHAインダストリゾーン1–ゲアンに隣接する予定で、人・モノの輸送・流通が増加することと思われます。 

南北高速鉄道

現在計画されている新しい南北高速鉄道路線はハノイを始点とし、ゲアン経由でホーチミン市を結ぶ全長1,570 Km(980 マイル)の計画となります。建設工事は2つのセクションに分けられ、ハノイービン間及びホーチミンーニャチェン間などの輸送需要の高い場所から始められます。

 

港湾設備

海岸線に面したゲアン省には現在3つの港が開港しており、さらに2つの深海港が開発される予定です。

 

ビッサイ港(公式名:ロクアン国際港):3,000 - 70,000 DWT

ビッサイ港はソンカセメント共同株式会社によりセメント、クリンカー及び石炭を運送するために建設されています。ビッサイ海港の完成時の総面積は407.1 ヘクターとなる予定で、2つの国際ターミナルと埠頭を備え、その能力は3,000 - 70,000 DWT の規模となります。

 

DKCペトロリウムポート

全長1.5km.の専用埠頭を持つDKCペトロリウムポートは86,000M3の貯蔵能力を持ち 、2,000から3,000トンの船舶を受け入れることが可能です。

 

クアロー国際深海港:50,000 – 100,000 DWT (2020年開港予定)

現在建設中のクアロー国際深海港は完成時には30,000  -  100,000 DWTの船舶の収容が可能です。埠頭は全長3,260 m幅、運河の長さは6km、防波堤は長さ2,550m 、高さ1.510m となる予定です。同深海港はゲアンを始め北中央地域からタイやラオスの北部への輸出入の主要港となります。

 

クアロー港:10,000 – 30,000 DWT

ビン市から15Kmの距離にあるクアロ―港は、ソンカ川のデルタ域、トンキン湾に開港され、国際流通貿易、特にラオスとタイ東北部間における流通の経由地として最適な場所です。クアロー港は年間最低1200万トンの貨物を取り扱う容量があります。同港は総面積32 ha、4つの埠頭を持ち、全長656m、アンカーゾーンの深さは7.5m、流量深度は5.5mです。

クアロ―港からWHAインダストリアルゾーン1–ゲアンまではわずか7km.の距離です。

 

ドンホイ深海港:30,000 – 50,000 DWT (2020年開港予定)

ドンホイ深海港はゲアン省のクインリュー管轄地にあり、ビセムホアンマイセメント共同株式会社により建設されました。埠頭は鋼鉄、セメント、建築材料の運送を取り扱かっています。タインダット株式会社はドンホイ港へ繋がる道路を建設中であり、2020年には開港予定です。